ETCレジットカード

ETCクレジットカード

ETCをつくるときには、どこでも同じ、と思ってはいけません。あらかじめ、各ETCクレジットカード会社のサイトで特徴やサービスをチェックしておく必要があると思います。今年の12月から、被災地での通行が無料になりましたので、ETCを利用したいという人が多いと思います。そこで、かしこく利用できるETCの選び方を考えたいと思います。

まず、クレジットカードとして選ぶときは、年会費が無料であることが好ましいですよね。人によっては、年会費を払っても、他のオプションやサービスがいいという場合もあるかもしれません。ただし、他のカードと比べて、サービスに差異がない、あるいはどちらかで迷うという場合は、年会費無料の方がお得でしょう。

それから、各人の生活形態、趣味、趣向によっても変わってくるでしょう。ネットショッピング系のカードなら、ネットでのお買い物でポイントが2倍になったり、入会するだけで2000ポイントが付くというサービスもあります。もちろん、ETCカードを利用してもポイントが反映されるタイプもあるようですので、ここも要チェックですよね。あるいは、海外旅行によく行くという人は、マイレージや保険の補償などについてチェックしましょう。マイレージポイントがかなりお得に加算されたり、海外旅行や国内旅行などの保険のカバー力が高いものもあります。よく使う航空会社も確認しておいた方がよいですよね。カード会社によって、対応航空会社が違います。

あとは、リボ払いなどショッピング形態がフレキシブルかどうかということもチェックポイントだと思います。カードでの買い物はほとんど1回払いという場合は必要ないかもしれませんが、リボ払い対応のところだと、あー、今月はちょっと出費が....今回はリボ払いにしたい!というときに選べるということが便利なんですね。私も基本、1回払いしか使わないのですが、ちょっと大きめの買い物、5万円以上の買い物をしたときに、他にも買い物をしていると、1回払いではきついので、そういうときだけ、例外的措置として、リボ払いを選ぶことがあります。

それから、車通勤や仕事で車を使っている人は、ガソリン会社系のカードがお得ですね。私も1枚持っていて、ガソリン専用にしていますが、年会費は2年以降かかるのですが、年間で8万円以上の利用があれば、会費は無料になります。会費があるところは、ポイント率が高いので、このカードでガソリンを入れたポイントが大きくて、ネットショッピングにまわしたところ、結構な額になりました。

おすすめサイト

etcクレジットカード作り方おすすめ
JCBEITや出光まいどプラス、イオン首都高カードなどETCカードをどれで作ろうか迷っていた方に朗報です。シンプルなポイントで各社のカードを比較し、独自のランキングを作成いたしました。その他、ETCカードについての素朴なQ&Aも漏れなく掲載中。30秒でわかるおすすめカード診断を今すぐスタート!
www.etccard-osusume.com/